【USCPAで大手に転職】年収1000万円を実現するUSCPAの魅力

『特に良い大学も出てないけど大手に転職したい』
『高年収を保証してくれるような資格ないかな?』
『新卒で大した会社に就職できなかったけど、大手企業に転職したい』
『何かキャリアアップできる資格ないかな』

ぜひUSCPAを検討してみませんか?
実際私はUSCPAの数科目合格で外資コンサルに転職できました。
転職とUSCPAの相性について解説していきますのでぜひご覧ください。

本記事の著者は
  • 20代半ば
  • 転職し外資系コンサル企業(現在)
  • USCPA全科目合格
  • 元Fラン

現在外資でコンサルの仕事をしています。

新卒では日本の大手企業に就職し、その後USCPAの勉強をはじめました。

実際USCPAを勉強していなければ、外資コンサルへの転職は叶いませんでした。

USCPAは『30代で年収1,000万円は堅いコスパの高い資格』として知られています。

この記事では実際の転職体験に合わせて、USCPAと転職の相性について解説していきます。

以下目次です。

目次

USCPA(米国公認会計士)とその魅力

『USCPAもしくは米国公認会計士』

最近巷でよく聞くようになってきたのではないでしょうか。

日本にも会計士・税理士がありますが、まさにそのアメリカ版ですね。

『会計系の資格かあ』『営業だから関係ないなあ』

そんなことはありません。

もちろん会計系のキャリアを進む方にはぴったりの資格ではありますが、実際私も予備校に通う中で営業出身のかたもよくみかけます。

また、転職先の外資コンサルにはUSCPAを取得して営業からコンサルに転身したというかたも多く存在しています。

具体的にどのような資格なのでしょうか?

USCPAのキホン

以下USCPAの資格としての基本情報です。

USCPAの基本情報
  1. FAR(財務会計)・BEC(管理会計・ファイナンス)・AUD(監査論)・REG(税法・商法)の4試験で構成
  2. アメリカの試験で全て英語
  3. 1試験4時間の長丁場
  4. 必要な勉強時間は800時間〜2,000時間
  5. 取得難易度は簿記1級と公認会計士の間
  6. 取得費用は会計単位があるかどうかで大きく変わる(別記事で紹介)

今回はUSCPAと転職の相性について記載しますので、USCPAの基本情報はこれくらいにしておきます。

実際に私も受験生ですが、難易度は高いです。

勉強も必死にやらないと試験には合格できません。

仕事と両立しながらの場合が多いと思いますので、なかなか勉強時間の捻出も難しいです。

しかし、そこまでして取得するには理由があります。

それはUSCPAは非常に試験として魅力が高く、転職や将来のキャリア形成において大きな強みとなるからです。

USCPAとその魅力

USCPAの魅力として以下があげられます。

USCPAを目指す理由
  1. 高年収を狙える
  2. 英語で会計を学ぶことができる →『英語X会計』は強み
  3. 転職市場価値爆上げ→ BIG4やコンサルファームへの転職も可能
  4. アメリカで独占業務(会計士・税理士業)
  5. 日本の会計士ほど勉強時間はかからない。

『お金』や『転職』に関しては次以降の章で解説していますが、やはり何と言っても合格することで、『英語と会計を理解したプロフェッショナル』として認識されることが大きいのではないでしょうか。

転職はもちろんの事、社内での価値も必ず上がりますので、転職は現在興味がなくても、持っておいて間違いのない資格です。

さてお金の話に入りましょう。

USCPAは『コスパ高い?』『30代で年収1,000万円』は可能

USCPAが『コスパが高い』と言われる理由は何でしょうか。

大きくは費用対効果が非常に高い点です

USCPA取得費用

具体的に取得費用について簡単にご説明します。

取得費用は個人によって異なります。

これは、人それぞれ会計単位の数が異なるからです。

もちろん会計士・税理士の資格でありますから、会計単位や大学の卒業資格などは必要となります。

これは州によっても異なります。

州によっては会計実務をライセンス取得の要件としている州もあります。

実際に私の場合は以下の状態で申し込みました。

著者の当時の会計単位など
  1. 会計単位ゼロ→追加で単位取得の必要あり
  2. ビジネス単位すこし→追加で単位取得の必要あり

そのため会計単位の取得に結構お金がかかりましたが、すべてオンラインで取得ができ単位認定されています。

このように会計のバックグラウンドがない私で総額いくらくらい取得までに必要なのでしょうか。

ずばり、『70-120 万円程度』です。

私の場合は予備校を使用していますし、単位取得の量も多いのでこのような額になります。

ちなみに、USCPAのおかげで転職できたことを考えると、すでに費用は回収できています。

また、試験も1科目5万円程度日本から受けるのにはかかるため、単純にストレートで合格しても5×4科目=20万円必要です。

会計のバックグラウンドがある方はもっと費用がやすくなりますので、ぜひ予備校に見積もり請求するのも良いかと思います。

アビタスがもっとも合格者を輩出している予備校で、個人的にはアビタスを選んでおけば間違い無いかと思っています。

USCPAスクールの比較記事については以下においておきますので、ご参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【2021年最新版】コスパの良いUSCPA予備校徹底比較
【2021年最新版】コスパの良いUSCPA予備校徹底比較USCPA勉強を始めたいけど予備校がいくつかあって、どの予備校が良いかわからない、どの予備校が合格率高くてコスパが良いんだろうこういった疑問にお応えします。USCPA...

ちなみに最もお勧めできる予備校はアビタスです!
以下から無料で資料請求や無料説明会の申し込みが可能ですので、参考にしてみてください。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

コスパと年収の話

実際に取得までにかかる費用をみて、『本当にコスパいいの?』と思われるかも知れません。

しかし、コスパが高いのは間違いありません。

実際にUSCPA取得後100-200万円程度年収をあげて転職できたという話もよくあります。

この場合は、1年もしないうちに費用回収ができるわけです。

海外MBAなどは費用が数千万円かかるらしいので、それに比べれば断然コスパは良いですよね。

また多くの資格は取得しても年収のアップに関係のない資格が多いです。

その点、USCPAは優れています。

30代で年収1,000万円は堅い?

30代で年収1,000万円もUSCPA取得後は非常に現実味が増します。

ちなみに、USCPA取得後は、道を間違えなければ高い確率で年収1000万円には到達すると思います。
以下に年収1000万円到達までのロードマップも紹介しています

あわせて読みたい
【USCPAで年収1000万円】USCPAを目指してから年収1000万円を達成するためのガイドライン
【USCPAで年収1000万円】USCPAを目指してから年収1000万円を達成するためのガイドラインUSCPAになれば年収1000万円は比較的簡単に達成可能です。USCPA取得を目指してから、年収1000万円以上に到達するまでの道のりをステップバイステップで解説します。この...

上記の記事でも紹介していますが、簡単に想像できるケースをお話しします。

USCPA の転職先に多いのが、BIG4やコンサルファームです。

実際20代でシニア、30代でマネージャーやシニアマネージャーとなるケースが多いのですが、その頃には、年収1,000万円を超えられます。(シニアは係長のようなポジションで、残業代次第)

また、このようなプロフェッショナルファームでなくとも、外資系企業であれば年収1,000万円をもらえるケースも多いのではないかという風に思います。

一つ注意点としては転職する年齢です。

BIG4などのプロフェッショナルファームなどは特に専門的な知識やそのフィールドで働いた経験を重視するケースが多いです。

もし経験がない場合は、給料が一番下の職階の年収からスタートするケースも多いです。

他に探せば年収1,000万円を越えることができる企業もありますが、BIG4のようなプロフェッショナルファームにこだわる場合は注意しましょう。

USCPAと相性の良い転職先って?

ズバリ以下の転職先です。

  • 外資コンサルファーム
  • BIG4ファーム
  • 外資系企業(会計系)
  • 大手日系企業(会計系)

それぞれ見ていきます。

外資コンサル・BIG4

外資コンサルファームやBIG4に関しては、基本的には専門知識をベースに働くプロフェッショナルの集団なので、このような士業ができるような資格は好まれます。

また、実際の業務に活かすことができるようなUSCPAの知識も多いです。

実際に『英語と会計を理解している』と見なされますので、数値をもってロジカルな働き方をするコンサルやBIG4には好まれる資格です。

外資大手・大手日系企業(会計系)

まずは外資大手ですが、例えばもし経理や会計に携わる役割を担当した場合についてお話しします

その場合、海外本社へレポーティングする機会があると思います。

もちろん話は全て英語です。

この場合、会計を英語で理解できるUSCPAは間違いなく好まれます。

また、USCPAはUSGAAPだけに精通していると思われがちです。

実際に試験をうけるとわかるのですが、IFRSの問題が多く出題されます。

これら会計基準の違いを理解しているUSCPAはグローバル企業では好まれる可能性が高いです。

次に日系企業についてです。

こちらも海外の子会社を持っていて、海外の子会社から報告を受けるケースが多くあります。

私の前職もそうだったのですが、一部会計基準が統一されていない子会社がありましたので、IFRSとUSGAAPまた、JGAAPの違いを理解していると重宝されました。

また、こちらもやはり英語ができるということで、海外子会社とのコミュニケーションを一任されるケースも多いかと思います。

それだけUSCPAを持っていると信頼される可能性が高まります。

また、これは大手日系企業に限りますが、海外駐在のチャンスが大幅に上がります。

やはり会計人材で英語ができる人はまだまだ少なく、USCPAは完全に社内でも転職に関しても売り手市場が続いています。

海外駐在すると将来のキャリアは社内外でもちろん安定しますし、年収に関しては1000万円を確実に超えてくる額をもらえるのではと思います。

まとめ

USCPAはコスパがいい。これに関して理解いただけたかと思います。

実際に転職できるオプションが非常に広がりますし、実際にUSCPAを取得して、零細・中小企業から、誰もが知る大手企業に転職することも可能です。

その場合はもちろん年収も上がりますし、間違いなく、あなたがUSCPAに費やした時間や費用のもとは取れることかと思います。

ぜひUSCPAを取得して素晴らしいキャリアを形成しましょう。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
シェアお願いします

著者の紹介

・海外移住検討中の26歳サラリーマンブロガー
・USCPA(米国公認会計士)全科目合格
・TOEIC985点
・簿記2級保有
Twitterで頻繁に更新しているので是非フォローをよろしくお願いします!

目次
閉じる