【楽天証券/投資信託】20代サラリーマンの投資信託での積立投資レポート(2021年1月)

2021年1月時点で楽天証券で運用中の投資信託について積立状況レポートです。
毎月投資状況についてはレポートしていきますので、ぜひ投資信託での投資に興味がある方は参考にいただければと思います。

この記事の著者は

・20代半ばのサラリーマン
・毎月のように投資信託を購入して積み立てている。
・一般NISAを活用(1年間120万円の投資額に対する利益は非課税)
・楽天投信3年目
・楽天証券での投資以外には確定拠出年金でも投資信託を購入
・あとは現金での貯金

この記事の著者は
  • 20代半ばのサラリーマン
  • 毎月のように投資信託を購入して積み立てている。
  • 一般NISAを活用(1年間120万円の投資額に対する利益は非課税)
  • 楽天投信3年目
  • 楽天証券での投資以外には確定拠出年金でも投資信託を購入
  • 仮想通貨(ビットコイン)にも一部投資
  • あとは現金での貯金

今回の記事の内容は以下のとおりです

本記事の内容
  • 楽天証券での保有商品と現在の評価額について
  • 評価額の金額推移
  • 投資商品別の推移
目次

保有商品と現在の評価額

2021年1月末時点での保有商品は以下の通りです。

保有商品
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

ど定番どころですが、手数料も安く誰にでもお勧めできるシリーズです

1月は399,823円投資信託商品を購入し、投資信託評価額の合計は¥2,669,842となりました。

内訳は以下の通りで、基本的には手数料が格安のeMAXISSlimを中心に投資をしています。

チャートをクリックで内訳確認可能です。

楽天証券上で保有している投資信託の評価金額は以下のようになっています(※情報の取得日が2月2日ですので、1月末ではありません)

地域別投資

投資地域別のチャートは以下の通りです。

チャートをクリックで内訳確認可能です。

米国株式がほとんどを占めていますが、一部先進国株式にもリスクをヘッジしています。

米国株式は好調なのですが、米国情勢の変化に大きく影響を受けるような投資信託ポートフォリオとなっているため、リスクのヘッジ先として先進国株式の買い増しを考えています。

次に投資商品別の評価益及び評価額推移について確認してみます。

【投資商品別】評価額推移:評価益は?

以下が楽天証券上で保有している投資信託の評価額と評価損益となります。

一部特定口座で購入している商品がありますが、基本的には一般NISAの120万円の枠内での購入をしています。

2019年7月から本格的に運用を始めましたが、それぞれ順調に評価益が出ています。

楽天・バンガードにコロナ以前、中心に投資しておりましたので、コロナ前後の大きな変動の波に乗り、約26%程評価額が上昇しています。

一言に言えば、100万円投資すれば、26万円リターンがあるような感じです。

次に商品別の評価額推移について確認していきます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(特定口座)

特定口座で一部購入したeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)については以下の基準価額推移となっています。

トータルとしては現在評価益が出ていますが、保有期間も短いため、今後の動きに注視していきたいと思います。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(NISA)

次に先ほどと同じ商品ですが、NISA口座で購入しているeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の基準価額推移です。

こちらは直近の取引金額も大きく、リターンとしてはやや控え味になっていますが、それでも、7%以上をキープしています。

やはり、投資は長期での保有で価格の変動をなべていき、最終的には右肩上がりに持っていくという構図に限ると実感させられます。

 楽天・全米株式インデックス・ファンド【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

次に投資信託を始めた当初から保有している 楽天・全米株式インデックス・ファンド【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)です。

やはり長期にわたり保有していて、コロナショックからのV字回復時にも一定金額を投資したことにより、リターンとしては驚異の26%を超えています。

コロナショックの時はマイナス20%を超えて焦りましたが、相場が悪化すれば、冷静に買い増していくということを実践していきたいです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

最後に先進国株式です。

損益率としては、約16%となっており、こちらもコロナショックからのV字回復の際に、いくらか買い集めており、比較的高い評価率となっています。

最近は米国株式に注力しすぎているので、リスクの分散のためにも、こちらの買い増しもしていきたいと思います。

まとめ 

2021年1月の楽天証券での投資レポートでした。

引き続き、投資信託の買い増しができるように貯金を続け、最終的には全資産の70%を投資に回したいと考えています。

世界の情勢を思い切りに受けないようにも、時期も定期的に投資するようにして、さらには米国のみならず他の先進国にもヘッジできるような投資信託ポートフォリオを作っていきます。

また2月分についても3月頭ごろレポートさせていただきます。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
シェアお願いします

著者の紹介

・海外移住検討中の26歳サラリーマンブロガー
・USCPA(米国公認会計士)全科目合格
・TOEIC985点
・簿記2級保有
Twitterで頻繁に更新しているので是非フォローをよろしくお願いします!

目次
閉じる