【日系大手→外資コンサルへの転職者が伝えたい】転職エージェントを使うべき理由5選

転職エージェントは転職活動をするに当たって、絶対使うべきです!転職エージェントなしにして、良い転職はできません。
私も実際転職エージェントを使用して大手日系企業から外資コンサルへと転職で成功することができました。
特に5つ転職エージェントを使うメリットを感じたので、今回ご紹介します。

こちらの記事に転職エージェントとの付き合い方(注意する点を含む)について書いていますので、合わせてご確認ください。

あわせて読みたい
【日系大手→外資大手に転職できた】転職エージェントとの付き合い方3選【実体験】
【日系大手→外資大手に転職できた】転職エージェントとの付き合い方3選【実体験】実体験から、転職には必ず転職エージェントを使用するべきだと思っています。しかし、転職エージェントとの付き合い方を間違えると必ず転職に後悔し、失敗することにな...

この記事の目次は以下の通りです。

目次

転職エージェントを使用するべき5つの理由

私も日系大手企業から外資コンサルに転職しましたが、

転職エージェントなしには絶対に今回の転職はかなえられませんでした。

もし転職を考えているならば絶対に転職エージェントを使うべきです。

もし『うそだー』って思われた方、実際自分で一から転職活動をしてみるとわかると思いますが、

日々の業務の裏で進める転職活動は非常に大変で、非常に精神を削られるような時間が続きます。

その為、転職を専門とする『転職エージェント』にサポートをお願いするべきというのはわかっていただけるかと思います。

具体的に『なぜ転職エージェントを利用するのか』というところを以下の5つの理由で深掘りしていきたいと思います。

  • 幅広い企業から求人を選んでくれる
  • 会社とのコミュニケーションを代わりにやってくれる
  • 会社との太いパイプを持っている
  • 転職のノウハウが蓄積している
  • 面接対策や職務経歴書の添削をしてくれる。

幅広い企業から求人を選んでくれる

この点は転職エージェントによりますが、

基本的に転職エージェントは転職希望者の希望に基づいて、その希望に合致する求人を探してきてくれます。

あなたがひとつひつつ調べると膨大な時間が必要になりますが、転職エージェントでは勿論データベース化されていますので、条件に合うぴったりの求人を短期間で複数探してきてくれるのです。

転職エージェントによりますが、と記載しましたが、転職エージェントによっては例えば『営業』『エンジニア』『会計』など得意な分野が別れていることが多々あります。

その為、勿論『会計』に特化したエージェントであれば、営業の求人を紹介いただくのには少し心元ないです。

このような場合や、もしあなたが幅広い職種の求人を探しているのであれば、1つのエージェントに頼らず、複数のエージェントを使用するべきです。

会社とのコミュニケーションを代わりにやってくれる

ここは私が実際に体験して非常に楽だったのですが、転職エージェントによっては企業との採用プロセスをすべて仲介してくれます。

しかも『無料』

実際の私の経験談をすると、複数の企業との日程調整や合否の結果、内定が出た後の給与交渉、また合否の結果を急かすためのリマインドなど、全てエージェントの方が担当してくれました。

私はそのため転職活動における『準備』部分に集中することができ、結果的に良い転職ができました。

日中は実際に非常に業務で忙しかったので、私が業務で忙しくしている間に、私の担当のエージェントが希望する企業の採用担当者と話をつけてくれ、就業時間後に『少しお電話できますか?』という風に情報を提供してくれます。

これは忙しいサラリーマン皆さんが享受すべき最大のメリットだと思います。

会社との太いパイプを持っている

転職エージェントが得意な分野をそれぞれ持っているということはお話しさせていただきましたが、その得意な分野を持っているということは、『そのエージェントが企業と太いパイプを持っている』ということに裏付けられます。

実際の経験ベースでお話しすると、私はコンサル系の求人を探していたので、コンサル系の求人に強いエージェントを探し、そちらに転職活動のサポートを最終的に依頼しました。

採用のプロセスを進んでいくといよいよ面接になりますが、実際私は、面接の場で、面接官の方から『〇〇エージェントかあ、よくお世話になっているし、実際に働いている人もそのエージェントの紹介で、来ていただいた方が多いよ』

など、話を聞く機会がありました。ですので、間違えなく、企業との太いパイプを持っているエージェントは存在しますし、そのようなエージェントは必ず自信をもってその企業を紹介してくれると思います。

企業と太いパイプや実績を持つことで、その企業は転職希望者を少しでも信頼することに繋がりますし、私たち転職希望者にもメリットが多くあります。

転職のノウハウが蓄積している

『太いパイプをもつ』ことのメリットの一つとして、『転職のノウハウが蓄積している』という点です。

もし企業との太いパイプを持っているエージェントであれば、その業界や企業に対して、必ず転職を成功させた実績が多くあると思います。

その場合、その転職成功者、または転職の採用に残念ながら落ちてしまった方のデータというものは間違えなくあります。

はたまた、どのような面接であったか、どのような文章を書けば書類選考で通るのか、など私たちでは到底集めることのできない貴重なデータを持っています。

私も実際に、内定した企業の面接を受ける前に、

  • 『面接官がどんな性格か』
  • 『実際採用された人はどんな人か』
  • 『どんな質問があるか』
  • 『ダメだった人はどんな人か』
  • 『どんな話に反応がよいか』

・・・・などを事前にエージェントの方から教えていただきました。

実際に面接を受けると本当にその通りの面接官で、その通りの質問を多くいただき、事前に準備ができた私はすんなりと内定をいただくことができました。

そのため、どのエージェントにかかわらず、『ある業界に特化している』もしくは『ある企業に特化している』エージェントは必ずノウハウをもっており、もし業界や企業を絞っているならば、転職エージェントを使うことは勿論、転職エージェントをしっかりと選ぶことが転職活動において重要です。

面接対策や職務経歴書の添削をしてくれる。

最後に、5つ目として、『面接対策や職務経歴書の添削をしてくれる。』という点があげらます。

これは実際にエージェントによって異なることもあるかもしれませんが、反対に面接対策や職務経歴書の添削をしてくれないようなエージェントを選ぶことは絶対に避けましょう。

これも私の経験として、転職活動が初めてで、最後の就活から3年ほどのブランクがあった私は、職務経歴書のような応募書類ははたまた、面接やり方をすっかり忘れていました。

しかし、例えば私のエージェントは実際に私の職務経歴書を4回ほど添削してくれ毎回たくさんのコメントをいただき、私の強みや志望理由などを引き出してくれました。

また、面接に不慣れであった私に対して、面接練習を何度かスカイプでご対応いただき、毎回毎回良かった点、悪かった点、伸ばすべき点などを教えてくれました。

練習や添削のたびに必ずあなたの書類や面接での印象がよくなるので、転職エージェントを使用しない手はないと思います。

まとめ

ここまでお読みいただいた方はお分りいただけたかと思いますが、転職エージェントを使わない手はありません。

反対に転職エージェントを使わずに転職をすることはあまり現実的ではないと思います。

勿論あなたの行きたい企業が1社で、その企業に決めているなどであれば、個人として申し込んでも良いかとは思いますが、

反対にその企業に強いエージェントを見つけることができれば、必ず転職活動を断然有利に進めることができます。

転職したい人はごまんといますので、少しでも他の転職希望者と差をつけるためにも、自分に合った転職エージェントを選び、貴重な情報を持って、有利に転職を進めましょう!

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
シェアお願いします

著者の紹介

・海外移住検討中の26歳サラリーマンブロガー
・USCPA(米国公認会計士)全科目合格
・TOEIC985点
・簿記2級保有
Twitterで頻繁に更新しているので是非フォローをよろしくお願いします!

目次
閉じる