【コンサル転職】30歳代前半に年収1000万円目指すなら、コンサル転職が圧倒的におすすめ

30代前半までに年収1000万円稼ぎたいけど、そもそも若手でそこまでもらえる企業って限られるよな。

コンサルは稼げると聞くけど、かなり激務な印象、ワークライフバランスとか保てるのかな。

コンサルで働く20代の著者が、疑問にお答えします。
結論コンサル転職すれば30歳までに年収1000万円稼ぐこともかなり現実的です。
最近は各ファーム、優秀な人材確保のため、ワークライフバランス向上に力を入れ、新しい働き方を推進し、様々な角度から働き方の改善を進めています。本記事では、実際に業界で働く著者がそのコンサル転職についてお伝えします。

「30歳まで又は30代前半で年収1000万円は達成したい」、そのような目標をお持ちの読者の方は多いのではないでしょうか。

実際に現在20代の著者も、日系企業に新卒入社し、新卒1年目の時にその目標を立て、(まだ目標に向けて推進中ですが)現在はその目標を達成するための道筋は立てられたと考えています。

若手自体にいろいろな方法で年収1000万円に到達することは可能だと思いますが、結論サラリーマンで且つかなり高度なスキル・経験が不要という前提であれば、コンサルティング業界への転職が最もコストパフォーマンスが高いと考えます。

コンサル転職をして即座に年収1000万円とはならない可能性が高いため、30歳までに年収1000万円を達成したい場合は、可能な限り早めに転職されることをおすすめします。

この記事の著者は
  • 新卒で入社した日系企業からBIG4へ転職、現在も引き続きBIG4で勤務(転職後、昇進済)
  • 転職の際、社会人3年目で、特段専門的なスキルや経験等なく転職
  • Fラン大学出身

今回の記事の内容は以下のとおりです

本記事の内容
  • コンサルへの転職で年収1000万円はほぼ確実説
  • 大手日系企業とコンサルの働き方・年収の違い(著者観点)
  • 海外勤務に向けたコンサルへの戦略的転職もあり
  • コンサル転職検討ならこのエージェント
  • まとめ

著者はもともとかなり海外志向が強く、コンサルへの転職前後も常に海外勤務の可能性を考えています。結論、海外勤務したいのであればBIG4・外資コンサルの日本法人を挟むというのはかなり「あり」だと思います。このあたりの考え方もまとめています。

本記事でのコンサルは日系の大手コンサル又は外資コンサル(アクセンチュア、戦略系全て含む)、BIG4についてであり、中小・零細コンサルは含んでおりませんのであらかじめご了承ください。

目次

コンサルへの転職で年収1000万円はほぼ確実説

コンサル業界に転職すれば年収1000万円はほぼ確実に達成できると考えます。

著者が働くBIG4のあるファームをベースにしても、大体30代前半、早い人で20代後半でマネージャーに昇進するケースがほとんどで、マネージャーの時点で、年収1000万円に到達する形です。

また、マネージャーの前のランクでも残業次第では年収1000万円を超える人は一定数いますので、30代前半、30代まで(20代後半)に年収1000万円というのは現実的な話になります。

なお、大手コンサルの中でBIG4の年収水準はそれほど高い位置にあるわけでもなく、外資の戦略コンサルなどに転職、又はBIG4でもM&A案件を扱うファームに転職できればかなり早い段階でそれ以上の年収を得ることも可能であると想像します。

著者は各ファームの年収水準を調べるときは、OpenWorkを活用して調べています。実際に働いていた人が数多く口コミ等の形式でも投稿しており信憑性がかなり高く、また、各ランクごとに年収情報が記載されているので、確認をおすすめします。

大手日系企業とコンサルの働き方の違い(著者観点※BIG4)

労働時間・働き方・ワークライフバランスについて

やはり年収が高いということは、かなり激務ではと思われる方も多いと思いますが、事業会社とコンサルでの働き方の違いはどうなのでしょうか。

著者自身、日系の大手企業に新卒で入社しその後BIG4のあるファームに転職を果たしましたので、その比較をしてみたいと思います。

BIG4が激務かと言われれば、結論その人とアサインされるチーム・案件に依存するかと思います。

ただし、BIG4含めコンサルティング業界は同じようなサービスを提供する競合が多いため、各社ワークライフバランスの改善にはかなり力を入れています。

また、コロナ禍でリモート勤務を導入するファームが増えている中で、新しい働き方が推進されており、フルリモートで働いている、オフィスには数か月行っていないという人も少なくありません。

労働時間については、著者個人としては、現在月の残業時間は40時間~80時間ほどで、日系の大手企業にいた時よりは月平均20時間~30時間程残業時間が増えています。

この辺りは前述の通り、各ファーム・チームによってかなり変わるところですが、事業会社と比較した場合、一般的には労働時間自体が伸びると考えられます

給料水準と労働時間のバランスをどう考えるか

給料水準について、コンサルでの労働時間が長い(残業時間が多い)分、日系大手企業で勤務していた時と比較し、かなり給料は上がっており、例えば前職の同期と現在の年収を比較した場合、その差は約300万円程開いているのが現実です。

読者の方が働き方と給料についてどう考えるかですが、コンサルの労働時間は日系大手企業に比較した場合どうしても長くなるものの、基本給が高く、働いた分残業代が付き(みなし残業を採用しているところも多いですがその分基本給が高い)、個人的な成長もタイムリーに感じられるコンサル業界での働き方は個人的にかなり気に入っています。

また、前述の通り、フルリモートで働くこともファームやチームによっては可能であるため、この点、事業会社と比較すると先進的な働き方ができるのではと考えられる点も多いです。

大手事業会社の場合、労働時間に制限がある場合が多いように思います。働く中で誰しもが不満を持つかと思いますが、個人的には、給料が高ければ「いいや」と考えることができる不満も多いため、給料が高いに越したことはないと考えています。

海外勤務に向けたコンサルへの戦略的転職もあり

冒頭に記載した通り、著者はコンサルへの転職前後常に海外で働くという目標がありました。

海外にネットワークを持つ、BIG4や外資系のコンサルティングファームは、グローバルの枠組みの中で内部での転籍などを可能としているファームも多く、海外勤務を経験したい方は、おそらく日系で駐在ポジションを狙うよりかは早く海外に行けるチャンスがあるのではと考えています。

また、海外での転職を考えた際、例えばBIG4の中でも他ファームの海外事務所へ転職することも考えられますし、国内のBIG4から同BIG4ファームの海外事務所に転籍した後、そこで数年間経験を積み、海外本社の事業会社へ転職することも考えられます。

海外で地盤を築きたい人には、上記の方法はかなり有効で、通常、日系企業から全く別の企業の海外本社への転職は考えられませんが(著者も試しましたがかなり難しい)、BIG4・外資コンサルの海外事務所を経由しキャリアの専門性を高めたうえで、大手企業の海外本社への転職可能性はかなり広がると考えています。

この点、将来的に海外で有意義なキャリアを築きたいと考えている方にとっても、BIG4・外資コンサルへ転職は、キャリアの通過点として検討する価値があるものだと個人的に考えています。

以下の記事でも、BIG4から海外就職する際の方法・考え方について記載していますので、ご興味あれば読んでみてください(USCPAの方でなくても再現度はある程度高いと思います)

あわせて読みたい
【2022年版】USCPAで海外就職する為のおすすめの方法(BIG4経由がおすすめ)
【2022年版】USCPAで海外就職する為のおすすめの方法(BIG4経由がおすすめ)海外に就職したいけど、USCPAって本当に意味があるのかな。USCPA勉強中なんだけど、海外就職ってできるの?USCPA全科目合格し、海外志望の著者がこんな疑問にお答えしま...

コンサル転職検討ならこのエージェント

コンサルへの転職ですが、コンサルに強いエージェントは数多くあるものの、業界に強いパイプを持ち、特化しているのは【アクシスコンサルティング】です。

特に、BIG4・アクセンチュアなどの各種コンサルティングサービスを提供するファームを検討されている方、コンサルに興味があるけど、実際どのサービスが自分に合っているかまだ分からない方は、まず【アクシスコンサルティング】 へ相談するとよいかと思います。

登録・相談など含めて転職サービスはすべて無料で利用可能です。

アクシスコンサルティングの特徴
  • BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)や アクセンチュアなど総合系コンサルティングファームの転職に強い
  • 2014年〜18年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位
  • 20代〜30代の若手向け
  • 経営企画、事業企画、財務、会計士、金融系、エンジニアなどのIT系人材 ・現役コンサルタント等、様々なバックグラウンドの方をサポート可能
  • 業界の転職に精通しており、BIG4等、ファーム毎の面接・選考対策を受けることが可能
  • 業界とのパイプがあるため、書類審査や面接前後に候補者を企業に対して推薦できる
  • コンサル業界が主なので、前職からの年収アップも大いに期待できる

実際に私の周りにも事業会社などから、多くコンサル業界に転職していく人がいますが、彼らの年収は事業会社と比較し、大体200万円程度は上がっているように思います。

前述の通り、コンサルティング業界での年収水準は事業会社に比べてかなり高く、ワークライフバランスの懸念もよく上げられますが、ワークライフバランスが保てるファーム、職種もかなり多く存在します。

【アクシスコンサルティング】 はコンサル業界の転職に特化しているため、前述の通り、業界に興味があれば、まずは無料の相談ベースで話をして情報収集からスタートすることをお勧めします。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
シェアお願いします

著者の紹介

・海外移住検討中の26歳サラリーマンブロガー
・USCPA(米国公認会計士)全科目合格
・TOEIC985点
・簿記2級保有
Twitterで頻繁に更新しているので是非フォローをよろしくお願いします!

目次
閉じる